世界へ羽ばたくCAへの道

CA専門学校のお役立ち情報がいっぱい!

CA専門学校の入試の難易度

CA専門学校の入試の難易度 CAになりたいと思う学生にとって「大学進学」か「専門学校進学」かという選択肢を考えることが多いと思われます。
大手航空会社の採用割合として大卒の社員の方が多いという実情はありますが、かといって専門学校卒だからCAになれないといったことはなく、毎年数多くのCA専門学校からCAを輩出しております。
そこで今回は、CA専門学校への進学を考えている学生向けに入試の難易度についてご説明いたします。
はじめに、結果から言いますと難易度はそこまで難しいものではないと言うことです。
入試の内容は面接や課題作文を課す学校が多いというのがスタンダードです。
一方、大学の試験では、学力を測定するために英語は必須ですが、CA専門学校では入学の段階から英語力を求めるといったことはあまりないのが現状です。
そのため、なぜ自分がCAになりたいのか明確な目標や思いを伝えることがCA専門学校入学への一歩であるといっても過言ではないのです。

CA専門学校の入試方法と選考基準について

CA専門学校の入試方法と選考基準について CA専門学校の入試はどのような内容になっているのでしょうか。
AOの場合は面接のみですが、一般入試になると、作文(600文字程度)と英語の筆記試験が課されます。
CA専門学校で2年間学び、CA(キャビンアテンダント)をめざす以上、基礎的な英語力の有無は問われます。
また、いずれの選考形態でも書類選考を実施するケースが多く、適性の有無を見極められる傾向があります。
リカレント型と呼ばれる専門学校や短大、大学に進学経験のある人やアルバイト経験を含めた社会人経験者対象の試験やスポーツ特待生制度がある学校もあります。
大学のスポーツ特待生制度と異なるのは競技実績が問われないことが挙げられます。
その代わり、面接や英語の学科試験といった適性をみる試験を受ける必要があります。
学校の評定平均が一定以上必要であることは言うまでもありません。
特待生制度を実施して、成績優秀者には学費の一部を免除する制度を採用している学校まであります。

新着情報

◎2020/10/13

CA専門学校の学費
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「CA 選考」
に関連するツイート
Twitter
Copyrignt(c) 2020 世界へ羽ばたくCAへの道 All Rights Reserved.